ダイエットと聞いたらば、お腹周りに肉が付き痩せれなくて困っている人が多いイメージがあります。若いころはそうでもなかったはずが、歳を重ねるごとに脂肪が落ちないと悩んだ人は沢山いるのでは無いかと思います。何を隠そう私もその一人です。私は学生時代ウエイトリフティングをやっていて、体を鍛えている方でした。

ですが最近は筋トレをすることも少なく、アルコールを飲む機会が増えてお腹廻りに肉がついてしまっています。そんな状態の体とおさらばしようと思い、筋トレをしました。同時にネットでダイエットにいい方法が無いか調べてみました。

すると面白い記事を見つけました。その記事によると姿勢が悪く猫背の人は内臓が下に落ちてきてしまい、それが原因で下っ腹がポコッと出てしまうというものでした。私も下っ腹が出ていてこれに当てはまるかもと思い、筋トレをしながら姿勢を改善しようと努力しました。姿勢を治すのは簡単なようで難しかったです。というのも気を抜くとすぐに猫背になり、姿勢が悪くなってしまうからです。

姿勢を治してからは下っ腹のポッコリが良くなり、お通じも良くなりました。正直びっくりです。ダイエットと言うと脂肪を燃焼させようとするのが多いですが、姿勢から臓器の方にまで気配りをしてダイエットに挑むのも、まったく新しいアプローチの方法ですので是非試して欲しいです。

ダイエットを続けるために

ダイエットをするのに一番悩むのが、誰でもあることだと思いますが、やっぱり続かないってことです。ダイエットってあっという間に効果が見えるならいいんですが、そうじゃないので継続して初めて効果がわかるんですよね。そうすると1日頑張ってもほんとに意味あるの?って思い始めてしまいます。1日ですぐに体重が減ったことやウエストが細くなったのがわかればいいんですけど…。実際はそうもいかないので、やめたくなってしまいます。

私は、ダイエットをしよう!って決めたときには、まず「何のために痩せるのか」をはっきりさせるようにしています。例えば水着を着るからウエストを細くしたい!とか、好きな人ができたからとかなんでもいいんですけど、痩せるための意味を決めています。そうするとやめたくなったときに「でもこの為に頑張ってるんだもんな。このためには痩せなくちゃ!」という思いが出てきてやめたい気持ちをぐっと抑えることができます。

あとは周りに公言することですね!周りの人に「私痩せます!」って公言すると言ってしまった手前やめにくくなります…。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、周りの人に言うと一緒に痩せようって言ってくれるダイエット仲間が増えたりいいこともあるんです!