私は今までいろいろなダイエットをやってきて感じたことは、夕食や夜食の影響が非常に大きいということでした。
知人で夕食を減らすと、体重がすぐに減ると言っていたので、私もそれを実行したことがありました。

すると、毎日0.5キロのペースで体重が減っていきました。
しかし、一週間も満たないうちにそのダイエットは止めてしまいました。

理由は空腹で睡眠に悪影響を及ぼすようになったからです。
いくら体重がすぐに落ちるといっても、やはり夕食を抜かすのは自分にとっては耐えきれないことでした。

1日2食の生活は寝たきりならまだしも、普通に生活している状態では難しいことがわかりました。
そこまで極端にしなくても、夕食を軽めにすることで、確実にダイエットに成功することができます。

もちろん、ダイエット中の夜食は問題外です。
夕食を食べそこなってしまった場合は仕方がないとしても、夜中の職には胃腸への負担や睡眠の質を下げてしまいます。

夕食の量を減らすことで、私は確実にダイエットに成功していきました。
その習慣が付くと、ダイエットをしていない今でも夕食は食べ過ぎないようにしています。

逆に食べ過ぎてしまうと、胃腸の調子が悪くなってしまいます。
以前はお腹が満腹になるまで食べないと満足できなかったのが、今では嘘のような状態になりました。